2010年03月28日

汚れた雪。

たくさんの人に踏まれて、靴の跡だらけでもう白いとこなんて残ってないあたしのこころは汚れた雪。みんな、もうそこがかつて真っ白で穢れない清らな雪だったなんて思いもしない。踏んでもいい場所だって思ってる。もとから汚くて、これからも汚くて、汚れた靴の裏で踏みつけられるために作られたものだと思ってる。白いあたしをあたしも忘れたわ。そうねあたしはきっともとから汚かったんだわ。だから平気。踏まれても、汚れても、あたしは平気な顔で笑えるの。
posted by onb at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

留守録。

今日携帯電話の留守録がたまってたから消去した。
母さんの伝言を消去した時、ふと、もし今母さんが死んだら、この伝言メッセージ以外に母さんの声の記録はないんだ、もし今母さんが死んだら、もう二度と声を聞くことはできないんだ、って考えが浮かんだ。
留守録、残しとこうかなと思ったけど、やっぱり消去した。

あしたが来ることを誰もが疑わずに今日も眠りに就くけれど、あしたが来ない日が、必ず誰しもに訪れる。あなたもわたしもあなたの大切な人も愛され人も孤独な人も、あしたはあした来ないかもしれないよ。
posted by onb at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

「幸せの隠れ場所」

観て来た。「幸せの隠れ場所
ああ、よかった。。サンドラ・ブロックよかったよ。。ブロンドはサンドラにしっくりこなかったけど、演技は素晴らしかった。
弟役の子かわいかったわぁ。

私も他人の人生に良い影響を与えられる人間になりたいなぁと思った。『ボスケテボスケテ』って泣き言言う前に、自分が助ける側にまわることも考えないとね。

いい映画だったなぁ。。なんか、人に親切にしたり、困っている人を助けたり、良いことをすることは正しいし気持ちの良いことなんだよなーってサラリと思えた。「親切」とか「優しさ」とか、いやらしい描き方をしようと思えばできるわけさ。金持ちの驕りだ、みたいにさ。
でも、人の裏を疑うより、素直に喜んだほうがきっと人生楽しいよ。難しいこと考えないで、素直にほっこりしましょ。


「なにか良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。」
                  ―ケント・M・キース―
posted by onb at 23:32| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。