2010年05月01日

藤城清治の影絵が好き。

デパートでイングリッド・フジ子・ヘミングウェイの版画展をやっていたので見てきた。フジ子さんが版画もなさってるとそれまで知らなかったので、大変興味深く拝見して参りました。
やさしい雰囲気を持った作品でステキでしたよ。芸術で食べていけるって素晴らしいことだわ。

フムフムと知ったかぶった顔で作品を見て回っていたら、奥の部屋に数点展示されていた藤城清治さんの影絵に目を吸い寄せられた。
強烈な懐かしさ。小さいとき好きだった絵本を見つけたときのような喜び。どこで見たんだっけこの感じ〜確かに知ってるんだけど〜〜っとウーンとなっていたら、傍らの方がNHKでよく影絵が使われてる人だと教えて下さいました。
『猫と少女の音楽会』という作品に描かれた猫たちの表情がたまらなく愛らしくって、お給料入ったら絶対に買おうと決めました。

seiji_fujishiro.jpg
『猫と少女の音楽会』

こういう風にどうしてもどうしても欲しい!!っという物欲は久しぶり。しかも絵画に対して芽吹くなんて、私も成熟した大人の女に近づいているのだなぁと感じます。

藤城さんの作品はもうちょっと御財布様がお太りになったら集めたいわぁという、マンション購入の次に並ぶ私の人生目標です。
posted by onb at 01:50| Comment(0) | 好きなもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。