2010年04月30日

生きる。

今朝も6時に起きてお弁当を作って8時に出勤少し残業して19時に退社本屋に寄って帰る。
それが彼女の「生きる」。

今朝もおなかが空いて目を覚ましくず鉄を拾い集めて小銭に替えて今日一日分の一塊のパンを買う。
それが彼の「生きる」。

今日もウトウトと目を覚ますけれど起き上がるチカラはなく明日タイヨウが昇るまで生きていられますようにと祈る。
それがあの子の「生きる」。

ベッドの上で橋の下で土の上で船上で車中で機上で、
今日もどこかで誰かが目覚める。

バタバタとゆったりとハッとほっと優雅に憂鬱或いはハツラツと、
どこかで誰かの今日が始まる。

誰かが今日を生きている。
posted by onb at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。