2010年05月23日

「グリーンゾーン」

観てきた。「グリーンゾーン

どこが見所か分からん。
「米は大量破壊兵器がないのは承知の上で戦争しかけましたー。」
って認める映画?
でっていう。

謝罪とか批判とかなんらかの感情がないなら、ニュース記事と一緒。マット・ディロン使ってまで映画にする必要ないじゃーんっていう。戦闘アクションモノとしても「第9地区」の方が過激で血なまぐさくて秀逸。

イラク戦争は国際法違反だって判決が今さら出たり、こんな映画が作られたりする理由が知りたい。政権が変わったから?なんかの時効が成立した?それともイラクからぶんどるもんはもう取ったから?

「イラクの今」は正直分からんから置いといてさ、映画の方は、義足のイラク人フレディが「国を思う気持ちはお前たちよりずっと強い」って訴えるシーンが、唯一お金を払って観る価値があった。
posted by onb at 22:04| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。