2010年05月26日

「フィリップ、きみを愛してる!」

観て来た。「フィリップ、きみを愛してる!

ユアン・マクレガーが超愛らしい!!あたしも愛してる〜ハートたち(複数ハート)って思ったわぴかぴか(新しい)

ジム・キャリーの演技はいつみても本当に鮮やかだ。オーラが濃いのか、動作や顔の表情が秒単位で変化する分情報量が多いから印象が強くなるのか、見事にワルなのに憎めない天才詐欺師スティーヴンだった。

IQ167の人間の目にこの世はどう映るんだろう。バカでまぬけで抜け穴ばっかり?そんな男に愛されるフィリップはどれだけ無邪気なんだ!ゲイコミック「BRONZE」を連想してしまった私は腐ってる?

ディスカバリチャネルとかアンビリバボとかの特集で見ると、こりない犯罪者って感じでピュアから離れるんだけど、脱獄も告白も、一途に思い続けてるとこがピュアだよなぁ。一途って素晴らしいわ。

ストーリーも底抜けにおもしろいんだけど、音楽がまたエライ!よくぞここでニーナ・シモンを流してくれました!って超感動した!全体的にコミカルというか明るめの音楽が多いので安心して気持ちを預けられるし、サントラも欲しいところ。

2010年5月末の時点でこの映画が一番良かった。

それにしても、製作総指揮が何気にりゅっくべっそんなんだが、べっそんって超働き者だったんだな。


I LOVE YOU PHILLIP MORRIS

posted by onb at 23:20| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。