2010年06月25日

人は、何故、生きるのか。
又は、人は、何故、生を手放せないのか。
その答えは、幸福な出会い、にあると、思う。

人と。生き物と。物と。書物と。絵画と。映画と。景色と。色と。熱と。光と。空気と。温度と。柔らかさと。温もりと。

血肉が詰まっているはずの胸の中ほどから、甘い蜜の湧き出すような、小さな明かりの灯るような、そんな、幸福な出会いが、生きていると、ある。意味もなく。価値もなく。誰のためでもなく。
posted by onb at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。