2010年07月22日

「借りぐらしのアリエッティ」

観て来た。「借りぐらしのアリエッティ

音楽がすてきね。α波めっちゃ出た。
今回も少年少女が主人公なジブリです。

原作だいぶ昔に、それこそ私がまだ少女の時に読んだけれど、まあ、原作を下敷きにしたオリジナル・ストーリーかと思います。

ざっくり言うと小さい人と人間が出会いましたよっていう話。

小さい人が見た人間の世界の描き方が本当に素晴らしかった。
ディズニーのように音楽で盛り上げるのではなくて、静かに生活音を響かせて、巨大な世界を体感させる作り上げ方は、ジブリ流石よ。こういう、岩に音が染み入るなぁ、なんて表現をする日本人的世界観は、アメリカ人にはたまらんと思う。

ラストがまぁさらりとしていたわ。

まるきり少年の日の夏の一コマ。飼っていた蝉が逃げちゃったくらい、さらっとしてた。
もうちょっと遊んで、ラストに小さい人がこの映画を観ているっていう絵がひとつあっても面白いのになと思う。

しかし
NOW SHOWING!
人間に見られてはいけない


っていう公式サイトの呼び文句はどうなんだ。
ノリノリで見せてるじゃんね。

借りぐらしのアリエッティ
posted by onb at 22:24| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。