2010年06月08日

「セックス・アンド・ザ・シティ2」

観て来た。「セックス・アンド・ザ・シティ2

全く観る予定はなかったけど、日曜ロードショー「セックス・アンド・ザ・シティ the movie」観て昨日スマスマの特集見た流れで思わず観てしまった。作戦負け。

スパークリングな映画だった。日本ではヒルズ族とかがこんな生活送ってるのかしら。パンピーの私には下手なファンタジーより一層ファンタジー。でも4人の歯に衣着せぬ物言いは予想外に笑えたし、共感するところもあった。物まねしようとは思わないけど。先ずまねしようにもあんなパワーない。

実際40代50代の“おばちゃん”と呼ばれる女性って下手な若い子より断然パワーあるよね。スパンコールで身を固めたイケイケのおばちゃんたちがはしゃいでたけど、私ももしかしたら10年後の方が10年前よりも元気いっぱいだったりして。

とにかく、テレビシリーズの続きとしてだけでなく、一本の映画として、なかなか面白かった。
posted by onb at 15:37| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

「オーケストラ!」

観て来た。「オーケストラ!」
公式サイトが重たくて開かない。。。

「THIS IS IT」を抑え、パリで1位になったとか。ロシア人の話をフランス人監督が撮るというのが、なんか不思議だ。
っていうか、なんということでしょう!ソリスト役の女の子は私よりひとつ年下じゃないか!神様は時に残酷だなぁ。。

で、映画の方、ラストのコンサートがブラボー!!だった!!もおおう、チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲を一曲全部演奏聴けるなんて、音楽映画への期待に力強く応えてくれるよ!!
ラストの一曲のために野口を出してもちっとも惜しくないわ。
もう喝采ね。きっとパリの映画館では喝采してるんだろう。

クライマックスに至る過程もテンポが良くて見やすかった。音楽映画にありがちな眠たくなるのったりゆったりな展開ではなく、どたばたコメディーとしても面白い。
政治に翻弄される人民を描くと暗くなりそうなところを、コミカルにたくましく魅せていてとてもポジティヴ。ほんとに誰一人としてメゲてない。生きることに超前向き。音楽も人間もとってもパワフルな映画で、6月の時点で本年度傑作映画2位ぴかぴか(新しい)
posted by onb at 01:04| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「プリンス・オブ・ペルシャ」

見て来た。「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
原作のゲームとストーリーが大分違うみたいだけど、面白かったです。

口元が助平なジェイク・ギレンホールが王子役かぁ、、、っとちょっとキャスティングがしっくりこなかったけど、アクションはお見事でした。飛んで跳ねてくるっと回って猿飛び佐助みたいだった。

映像が結構ユニークな撮り方をしていて、人物の影だけ映して表現したり、弓矢をよけるシーンをスローで撮ってスレスレ感を出したり、「ターザン」、「アラジン」的なディズニーアニメの躍動感を彷彿とさせる。

しかしディズニー映画って結構サクサク人が死んでいくよね。夢と魔法と冒険には死人が付き物なのかもしれないけど、子連れで見るにはそこらへんがちょっと気になる所。

ラストの大団円が、あららそうなのそうくるの?すべてなかったことにしちゃうわけ?っていう、ちょっとあららな感はあったけど、ハッピーエンドは大事だものね。いいんじゃない。

ラストの「お前は愛されていたし尊敬もされていた。でもそれだけじゃ足りなかったみたいだな。」っていうセリフが、なんか寂しかったなぁ。。悪役に改心するチャンスをあげるくらいの余裕が欲しかった。ディズニーって悪役に対する慈悲があんまりないよね。
posted by onb at 00:17| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。