2010年04月14日

「シャッターアイランド」

観て来た。「シャッターアイランド」

衝撃の結末度は「シックスセンス」のが上だったわぁ。。

っていうか、「精神病院」「刑事」「衝撃の結末」って字面の時点でネタバレじゃんね。やっぱりねーっていう。でもブログでネタばらしなんて無粋なマネはしないッス。

超吹き替え版で観たんだけど、“”に惹かれて、吹き替え好きじゃないけど観てみたんだけど、やっぱり私好みじゃなかったさー。日曜洋画劇場に格が下がった感じで。吹き替えの方がお金かかるんだけど、損した気分。役者の演技に声優の演技を重ねるんだもん。違和感はないけど、迫力が落ちる。
吹き替えの方が面白いと思うのはエディ・マーフィーの山寺さんのマシンガントークと昔のジャッキー映画の広川太一郎さん以外にまだ出会えてない。

で、映画の内容はまあオチはやっぱりねってくらいのものだったのだけど、映像は素晴らしかった。ニンゲンのアタマの中を映像化した映画の中で私ランキング1位はずーっと「セル」だけど、この映画も良かった。

1本の映画に2回分のお金を払う気はないけど、字幕でもっかい観たいなぁ。。
posted by onb at 21:14| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第9地区」

観て来た。「第9地区」
ラスト切なかったわぁ。。

しかし、エイリアンのデザインが、ジョジョの初期の方に出てくるちっちゃくなって脳内に潜伏するスタンドに見えてならんかった。
ジョジョのスタンドデザインはワールドワイドで通用するな。あれほどリアルキモイ エイリアンを映像化できるなら、ジョジョも映画化できるはず。ハリウッドで作ってくれないかな。

脱線。

「第9地区」、おすぎが絶賛してたから公開前から気になってたんだけど、確かに作り方が面白い。まあ、ドキュメンタリータッチの手法は「エレファントマン」とかでも使ってるから、新しいって程でもないかもしれないけど。
ドキュメンタリー風の映像と“映画”の映像のつながりがちょっと好みじゃなかったな。ヴィカスが感染するまでは、密着カメラの映像が主体なのに、感染後に逃げ回る段階では“映画”の映像になっちゃって、そうなるともう展開が読めちゃう。映像は劇的に素晴らしかったけど、展開が読めると面白さ半減じゃんね。それがちこっと私好みではなかった。
あーでもラストは切なかったわぁ。。3年後まで見せないところもココロニクイ!

キャスト・スタッフに南アの人がたくさんいるってとこで、舞台裏の話もきっと面白いだろうな。DVD特典が気になるわ。
posted by onb at 00:50| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

若さってやつ。

回転する扇風機に指を突っ込んでみたり
脱水中の洗濯機に手を突っ込んでみたり
ダンボールに収まってみたり
タンスの中に隠れたり

あぁ それが若さってやつ。
あぁ それが それが 若さ。

痛い目 見るって99.9%確定してる
なのに残り0.1%の奇跡に期待する
THAT IS "WAKASA".
YES!! "WAKASA"!!

そして若さ故の馬鹿さの代償を老いた自分で背負う。

今の自分が過去の自分にアドバイスするとしたら、
親の金を盗んででもおしゃれして男くわえとけってこと。

女は男が安心するくらいに適度にバカな方が生き易い。
勉強ができることが未来の保証になると思い込んでいた、あの頃の自分を10往復ビンタしてやりたい。
posted by onb at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

今日はなんの日、ふっふー

わっかるかなー、わっかんねーだろうなー、
もんたみのりかわのお昼の番組のコーナータイトルだって、
わっかんねーだろうなー。

そんなことはさて置き、今日就職面接行ってきた。27歳だけど、就活中だぜ?!イエイ!

そんなことはさて置き、面接の帰りに繁華街を歩いていたら花を持った20代前半と思しき男子に、
「私はあなたを愛しています。」
と花を捧げられた。
狼狽してしまって、俯きもごもごと「どうも。。」と言いつつ男の横を通り抜けた自分を引っぱたいてやりたい。食っときゃ良かった。。マジで。。

まあ、花男の正体は、どっかの宗教団体が団体でフラワー勧誘をしてたみたいよ。よう知らんけど。っつかマジ食っときゃ良かった。。マジで。。

今日の面接官も指輪してたしよー、20代後半になると甲斐性のありそうな男はほぼ残ってないねん。私いつ彼氏できるんだろーマジでー。
イケメンじゃなかったけどブサでもなかったけん食うとくべきだったなぁ。。以後20代前半子と会話をするチャンスないぜー。私のバカバカバカバカ意気地なし!
posted by onb at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ガンガラーの谷。

行って来た。
Image010.jpg

良かったよ。超良かった。
男のシンボルに触ってきた。これで恋愛運アップアップになるに違いなし。うふふ。

ガンガラーの谷
posted by onb at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

「マイレージマイライフ」

「マイレージ・マイライフ」を観て来た。
映画は時代を映す鏡だね。不況不況でさー。なんだかなぁ。。
解雇宣告を突きつける男の多忙な日々。不況の最中忙しく飛び回ることは幸せか否か。

苦しい時 不安な時、誰かに、愛する人に、傍にいて欲しい。少しは慰めになるから。自分ひとりでは、死に誘われてしまうから。

困難な時を乗り越えられる人、絶望から希望を見出す人、死を選ぶ人、そのきっかけに関わる人。そこに善悪はなく、ただ、人がいるだけ。

よのなかで起こることって、誰を責めたらいいのか分からないことがほとんどだ。とってもすっきりしない映画だけれど、すっきりしないのがよのなかだろう。

でも映画なんだから、ヒーローとヒロインは結ばれてもいいのになって、思っちゃう。人の幸せを見て、自分も幸せになれるんだって、希望が持てることもあるじゃない?

まー、ピンクの綿菓子が食いたきゃサンドラ映画を見に行けってなもんだろうけど。「幸せの隠れ場所」の金髪サンドラは最後まで違和感がぬぐえなかったけど、よかったよ。任侠映画みたいでさ。
posted by onb at 23:57| Comment(0) | 映画館で観た映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

4月5日、今日は「死語」の日。

イエーイ。
今日も春風邪大荒れざーます。
鼻声ガーガーだし痰からむし、マジ冗談はよしこちゃんダYO!
でも私、家に一日いられない人じゃない?無職でも休日でも一日家にはいられないわけ。だからアタマアッチッチだったけどマチブラしにいったんだよNE!いやはやさすがに春休み。ピッチピチのキャピキャピギャルがわんさか。ナウなヤングはみんなボインちゃんだし、おばちゃん余計にネッパツしちゃうよね。もう「責任者でてこーい」だな。

ほなこのへんで。

さよなら さよなら さよなら。
posted by onb at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

春風邪。

無職になったとたん風邪を引いた。
気のゆるみはココロのゆるみ。ココロのシートベルトをきちんと締めてなかったか。
鼻水かみすぎて鼻下痛い。ノーズウォーターはどうして鼻溝を通って規律正しく流れないんだろう。神様の設計ミスか。鼻溝は鼻水の通り道だろ?

今日は一日部屋でじっとり過ごした。
DVDで
青髭観たんだが、良かったよ。何が良かったって、フレンチ美少女が鼻水垂らしてるアップのシーンが衝撃的だった。これがフレンチ美学かと。監督女性なんだなぁ。。『はじらい』撮ったのと同じ人かと思ったけど違った。
青髭的ストーリーを見聞きするたび、好奇心は幸せを壊すなぁと教訓をココロに刻む。そしてそれが分かっていても好奇心に勝てないのがニンゲン。神様はヒトを幸せにしたくないんだろうか。業だな。
アダムとイブの子孫たちに、リンゴを食べるか食べないか何度も試しその度期待を裏切られる神様はまさに青髭と同じ気持ちなのかもしれない。ただ、神様の首を刈る者はいないけど。



青髭 [DVD]


posted by onb at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

あしたはなろう あすなろう。

最後の賭けに負けた私は只今無職求職中。
そこそこ忙しくてそこそこやりがいがあってそこそこ自由に裁量ができる給与のグーな会社で私を雇っても良いって言う度量の大きいとこはないかしらね。私はまだ空き家でございます。積極的な申し出歓迎致します。

しかしよのなかには、
1.会社勤めに向く者
2.会社勤めに向かない者
3.会社勤めに向かず自営で自衛できる者
4.会社勤めには向かず自営での自衛も不得手な者
の、4種類の人間がいると思う。
そして私は言わずもがな、番号4番なもので、そんな人間に入られた会社は災難ってなもんで。やっぱり20代前半でとっとと売っときゃ良かったなぁと先にたたない後悔をする。
でも、ホットケーキを作ればカチカチになった焼き餅ができあがるような私の料理じゃ、嫁に入られた夫が不憫だ。

あしたはなろう あすなろう。
あしたは正社に あすなろう。
あしたは嫁に あすなろう。
posted by onb at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロードウェイブロードウェイ。

先日の話。
仕事から、もう何もしたくなーい、っていうくらい全身が虚脱し、負のオーラに包まれて自分の姿がけぶって見えるありさまで帰宅した。モランと化しながらわたしは明日返却予定のDVDを義務感からデッキにかけ、再生した。タイトルは「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」。パパラパーラパラパッパーのメロディでおなじみのミュージカル「コーラスライン」の役をかけて競い合うダンサーたちの8ヶ月を記録したドキュメンタリー。
パパラパーラパラパッパーのメロディとともに、モランが徐々に形をかえ、だんだんと人に還っていく。中盤、ジェイソンの演技に、審査員とともに私も泣いた。濁った涙が徐々に透明になっていく。エンドロールにかかる頃、私の全身をフジツボのように覆っていた虚脱感はすっかり消え去っていた。そして、疲れていたのはカラダではなくココロだったのだと、ハタと気がつく。
今なら踊れるような気がして、パパラパーラパラパッパーと鼻ずさみながら足を上げたらヒザの裏の筋を痛めた。

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD]

posted by onb at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。